商用UNIX(Solaris、AIX、HP-UX)からLinuxへ移行する方法

商用UNIX(Solaris、AIX、HP-UX)からLinuxへ移行する方法

商用UNIXとは?


1970年代から発売されたUNIXは、その後企業や、大学、研究機関で急速に普及し大きな技術発展を遂げ、1990年代までエンタープライズ環境でITインフラの重要なシステムになりました。

商用UNIXは、商用のUnix系オペレーティングシステム(OS)であり、主に企業環境で使用されるUNIXベースのオペレーティングシステムを指します。

商用UNIXは、主に企業や大学、研究機関などの大規模な環境で使用され、高い信頼性や安定性が求められるミッションクリティカルなアプリケーションやサービスの実行に適しています。代表的な商用UNIXのバリエーションには、Solaris(Oracle)、AIX(IBM)、HP-UX(Hewlett Packard Enterprise)などがあります。

その後、2000年代以降にx86サーバーの発展によりオープンソフトウェアのLinuxが主流になりましたが、当時開発した商用UNIXを利用したシステムを使い続けている企業も多いのではないでしょうか。

 近年、DX推進が叫ばれる中、既存のシステムをクラウドへ移行することは不可欠です。しかしながら、商用UNIXは主要なパブリッククラウド(例:AWSやAzure)でのサポートが得られません。DXの実現には、パブリッククラウドを利用できるようにするため、商用UNIXからLinuxへの移行が必要となります。

目次

商用UNIXが直面する課題

LinuxやWindowsのサーバーであれば、クラウドベンダーが提供する移行ツールを利用すれば比較的容易に移行できます。しかし、商用UNIXの移行はWindowsやLinuxのワークロードとは異なり、移行ツールの利用はできません。商用UNIXの移行には、リプラットフォームやリファクタリングが必要です。

また、一般的に商用UNIXからLinuxサーバーに移行する場合、ハード(CPU)やOSなどの差異によるシステム資産への影響により、移行難易度が異なります。 既存のUNIXシステム上で動作中の各種アプリケーションをLinux環境に移行することは、非常に大きな決断と費用、そして技術力が必要です。

商用UNIX移行時のポイント

クラウド化に向けて商用UNIXをLinuxへ移行する際のポイントは次の通りです。

・文字コードの違い(Shift_JIS /EUC→UTF-8)

商用UNIXの標準文字コードはShift_JISやEUCですが、LinuxではUTF-8が標準文字コードになります。 UTF-8にすると文字あたりのバイト数が変わりますので、プログラム内で「桁あふれ」しないようにプログラミング内の変数の桁数、DBテーブルの列定義の桁数などを増やす必要があります。

・エンディアンの違い(ビッグエンディアン→リトルエンディアン)

エンディアンとは、メモリーなどにデータを格納する際の、バイト単位のデータの伝送順序を指します。 商用UNIXが稼働するプロセッサーは一般的にビッグエンディアン、Linuxが稼働するプロセッサーはリトルエンディアンを採用しています。バイナリーデータを直接操作するプログラムでは、変更対応が必要です。

・OSコマンドの違い(UNIXシェル→Linuxシェル)

シェルスクリプトは、種類や実行環境によって実行するコマンドのパスやオプション、コマンドの実行結果の表示方法が異なるケースがあります。使用している機能のうちLinuxで非互換となる機能については、変更対応が必要です。

・各種ソフトウェアの変更またはバージョンアップ

商用UNIXで利用していたソフトウェアの中には、Linuxをサポートしていないものもあります。 また、すでにサポート期間が終了したバージョンのソフトウェアを使っているケースも多く、その場合はバージョンアップをする必要があります。ソフトウェアの変更またはバージョンアップにより非互換となる機能については、対応が必要です。

・使用プログラム言語のバージョンアップ

プログラム言語のバージョンが古い場合、これを機にバージョンアップをおすすめします。プログラム言語をバージョンアップする場合は、非互換となるプログラムは対応が必要となります。また、開発フレームワークのApache Struts 1のように、すでにサポートが終了しているフレームワークは、他の開発フレームワーク(Spring MVCなど)への置き換えが必要です。  

上記のように「ハードウェアの違い」、「オペレーティングシステムの違い」、「ソフトウェアの違い」を考慮した 移行作業が求められます。

資料ダウンロード

移行イメージ

ブラウザー Internet Explorer Chrome
プログラム言語 Java/C言語など Java/C言語など
APサーバー 商用APサーバー Tomcat、Jbossなど
データベース Oracleなど Amazon RDS
文字コード Shift_JIS/EUC UTF-8
シェル sh/csh bash/tcsh
OS 商用UNIX Linux
サーバー 商用UNIXサーバー クラウド基盤(AWSなど)

マイグレーションサービス「Re@nove」

株式会社シーイーシーでは、このような課題を持つ企業に向けて、商用UNUXで構築されたシステムをLinuxに移行するマイグレーションサービスを提供しています。徹底した調査・分析で移行リスクを可視化し、テストフェーズでのトライ&エラーの回数を大幅に削減し、工期とコストを圧縮。低価格・高品質なマイグレーションを実現します。

まずは「現行システム無料診断サービス」をお試しください

移行インパクト(移行難易度、検討ポイント、移行費用)を可視化し最適な移行プランをご提案します。
作業に着手する前に概算見積をご確認いただけるので安心です。

  • URLをコピーしました!
目次