オンプレミスの商用UNIXからクラウド(Linux)へ移行 ~Linux移行時の5つの注意ポイント ~

オンプレミスの商用UNIXからクラウド(Linux)へ移行 ~Linux移行時の5つの注意ポイント ~
目次

商用UNIXをパブリッククラウドで利用するには

1970年代から発売されたUNIXは、その後企業や、大学、研究機関で急速に普及し大きな技術発展を遂げ、1990年代までエンタープライズ環境でITインフラの重要なシステムになりました。

商用UNIXは、商用のUnix系オペレーティングシステム(OS)であり、主に企業環境で使用されるUNIXベースのオペレーティングシステムを指します。

商用UNIXが直面する課題

近年、DX推進が叫ばれる中、既存のシステムをクラウドへ移行することは不可欠です。しかしながら、商用UNIXは主要なパブリッククラウド(例:AWSやAzure)でのサポートが得られません。DXの実現には、パブリッククラウドを利用できるようにするため、商用UNIXからLinuxへの移行が必要となります。

商用UNIX移行時の、5つのポイント

クラウド化に向けて商用UNIXをLinuxへ移行する際のポイントは次の通りです。

商用UNIX移行時の、5つのポイント
  • 文字コードの違い(Shift_JIS /EUCUTF-8
  • エンディアンの違い(ビッグエンディアン→リトルエンディアン)
  • OSコマンドの違い(UNIXシェル→Linuxシェル)
  • 各種ソフトウェアの変更またはバージョンアップ
  • 使用プログラム言語のバージョンアップ

ポイントの詳細と、移行事例をいますぐダウンロード!

  • URLをコピーしました!
目次